教習所情報

仮免許とは



仮免許とは、運転免許を取得するために、公道で練習するための免許のことを言います。仮免許には普通自動車・中型自動車・大型自動車があり、指定自動車教習所では、仮免許取得後に路上教習を中心としたカリキュラムの第2段階へ進むことができます。

仮免許を取得する方法

仮免許を取得する方法

仮免許を取得するには、指定自動車教習所へ入所する方法と、運転免許試験場で直接取得する方法(一発試験)があります。届出自動車教習所や指定外自動車教習所へ通った場合も運転免許試験場での受験となります。なお仮免許の有効期限は半年と定められています。

指定自動車教習所の場合

指定自動車教習所では、第1段階の技能教習と学科教習を終えたあと、修了検定と呼ばれる運転技能検定と、仮免許学科試験を受けて、合格すると仮免許を取得できます。修了検定、仮免許学科試験ともに教習所内で受験することができます。

運転免許試験場で受験する場合

適性検査、仮免許技能試験、仮免許学科試験を運転免許試験場で行ないます。仮免許技能試験は、乗り慣れないコースでの受験となりますので、指定自動車学校での修了検定より難易度が高いとされています。

仮免許で公道を走るための条件

仮免許があれば、公道での練習ができるようになりますが、決められた条件を守った上でのみ運転が許可されています。

指導する同乗者

練習を指導する同乗者を運転席の横に乗せることが条件となります。ここで言う同乗者は練習に使用する自動車が運転可能な第一種運転免許を保持して3年以上の運転経験(途中で免許の効力が停止されている期間は除く)があること、または練習に使用する自動車が運転可能な第二種運転免許を保持していることが条件となります。

「仮免許練習中」の標識の装着

路上練習に使用する自動車には、「仮免許練習中」の標識を前面、及び後面の地上0.4mから1.2m以下の見やすい位置に付けることが義務付けられています。「仮免許練習中」の標識は、白地に黒文字で、寸法は縦17cm×横30cmでなければならないなど、規定があります。

練習が禁止されている道路

高速道路や自動車専用道路、混雑している道路での練習は禁止されています。

仮免許証の携帯

公道で練習を行なう際には、仮免許証の携帯が義務付けられています。指定自動車教習所では、第2段階を受けるとき、仮免許を携帯していなければ路上に出られないので、仮免許忘れを防ぐために、教習所が預かっているケースが多くあります。

仮免許中の違反について

仮免許運転中に違反があった場合には、違反点数は累積され、仮免許の取り消しや本免許の発行が拒否、または保留されることがあります。仮免許が取り消された場合、指定自動車教習所では、補充教習を受けたあと、再度修了検定を受けることになります。