教習所情報

指定自動車教習所の修了検定とは



修了検定とは、指定自動車教習所で行なわれる仮運転免許を取得するための技能検定です。教習所構内のコースで実施され、これに合格すると、運転免許試験場で行なわれる仮運転免許技能試験が免除されます。修了検定と、仮運転免許学科試験に合格すると、仮運転免許証が交付され、路上で練習できるようになります。省略して修検(しゅうけん)とも呼ばれています。

道路上で運転できる基本的な技能があるかどうか

道路上で運転できる基本的な技能があるかどうか

修了検定は教習カリキュラムの中で、道路上で運転できる基本的な技能や知識を修得する第1段階をクリアしているかどうかを判断する検定です。なお第1段階の最後の技能講習で、修了検定を受検できるレベルかどうかの「見極め」が行なわれます。「見極め」で技能不十分だと判断されたら、修了検定に進めず、追加講習を受けなければいけません。また「見極め」をクリアできたからといって、修了検定に合格できるとは限りません。

修了検定の細部の配点基準は都道府県ごとに微妙に異なる

修了検定の内容や配点基準は全国的に統一されています。しかし、細かな点については、各都道府県の公安委員会ごとに技能検定基準や技能検定実施要領が定められているため、若干の違いがあります。

検定は減点方式

修了検定は、100点満点から減点方式で採点されます。修了検定の課題は、コース上にある坂道発進、クランク、S字、踏切などをクリアしながら安全に走行していくことです。教習所構内のコースで、スタートしたところから採点が始まり、走行中に問題があれば減点されていきます。減点の対象となるのは、発進に手間取ったり、切り返しが多かったり、速度超過や速度不足、踏切停車時の窓の開け忘れ、急ハンドル、急発進などです。MT車の教習では、エンストも減点対象となります。信号無視や指定場所一時不停止(一旦停止の標識などの無視)、脱輪、検定員がブレーキを踏む、といった重大な問題があれば、その時点で「検定中止」で不合格となります。走行を終えて70点以上残っていれば合格です。

修了検定に不合格になったら

修了検定に不合格になったら、1時限以上の補修教習を受講して、再度修了検定にチャレンジすることになります。「見極め」をクリアしていれば、そう何回も繰り返して修了検定に不合格になることはないでしょう。

修了検定に合格すると

修了検定に合格すると、教習所で仮運転免許学科試験を受けます。これは、公安委員会から教習所に委託された学科試験で、試験時間は30分です。問題数は50問で、マルバツの二者択一式となっています。45問以上の正解で合格となり、仮運転免許証が取得できます。