教習所情報

教習車とは



教習車とは、自動車教習所で教習や検定に用いられる自動車です。運転免許試験場で使われる試験車はサイズや装備が「運転免許技能試験実施基準」で決められています。自動車教習所で使われる車両も、この基準に準拠しています。

教習車の規格

教習車の規格

教習車は、普通自動車、自動二輪車、大型車など免許の種類によって規格が定められています。

普通自動車の規格

普通自動車の教習において、試験や検定に使用される自動車の大きさは、道路交通法施行規則第二十四条により「乗車定員5人以上の専ら人を運搬する構造の普通自動車で、長さが4,400mm以上、幅が1,690mm以上、軸距が2,500mm以上、輪距が1,300mm以上のもの」と定められています。5ナンバーサイズのセダン型自動車に相当し、それらの車種が主流です。サイズは「以上」となっているので、3ナンバーサイズでも問題ありません。教習車独特の装備として、助手席の足元に補助ブレーキペダルが付いています(危険なシーンで教官がブレーキを踏めるようにするため)。またインストルメントパネルの周囲には方向指示器やブレーキランプに連動するランプが付いています。指導員用に、運転席側からは見えないデジタル式速度計、専用車内ルームミラー、アウトサイドミラーというなどのミラーが付いています。形は4ドアセダンが主流で、以前はクラウン、セドリック、ルーチェなどの5ナンバーサイズの高級セダンが主に使用されていましたが、最近では5ナンバーサイズのセダンが減少し、製造中止となったケースもあり、3ナンバー車の教習車が多く登場しています。SUVやミニバン、輸入車を使用する自動車教習所もあります。

自動二輪車の規格

自動二輪車は取得する免許の排気量に応じて、各社から教習用の自動二輪車が発売されています。自動二輪車は教官が同乗して教習する訳にはいかないため、外部から車体の操作状況が分かるように、前後ブレーキ、ギヤポジション、車速などの状態を伝えるランプが装着されています。また教習中の転倒から身を守るために、ガード類も装着されています。

大型車の規格

大型車の教習や検定は、以前は5.5トンクラスのトラックを使って行なわれていたのですが、2007年より新たに中型免許(車両総重量5トン以上11トン未満)が設定されたため、大型車用の教習車も積載量11トンから16トンクラスになりました。主流はいすゞギガ、日野プロフィア、日産ディーゼルクオン、三菱ふそうスーパーグレートなど車体長11mから12mクラスのトラックが使用されています。客室が2列あるダブルキャブ車に改造され、ダミーウエイト(荷物の模造品)が積載されます。バス会社などは従業員の教習のために、自社で使用しているバスを改造する場合もあるようです。