教習所情報

自動車教習所で取れる資格
普通自動二輪車免許



普通自動二輪車免許とは、排気量400ccまでの自動二輪車を運転できる免許です。自動車専用道路や、高速道路も走ることができます。オフロードを楽しめる車種に乗ることもでき、バイクの醍醐味を味わうことができる免許です。いきなり大型自動二輪の免許取得はハードルが高いと感じる場合は、普通自動二輪免許からチャレンジするのも良いでしょう。

16歳から取得可能

16歳から取得可能

普通自動二輪免許は、原動機付自転車免許(原付免許)と同様に16歳から取得できます。しかし、原付免許が運転免許試験場の学科試験だけで取得できるのに比べて、普通自動二輪には技能試験もあります。運転免許試験場で「一発合格」も狙えますが、そう簡単ではありません。自動車教習所でしっかり教習を受けるのが近道でしょう。

教習車は400cc

普通自動二輪の教習で使われる教習車は、普通自動二輪の排気量の上限である400ccのバイクです。ホンダの「CB400SF」をベースに教習車仕様として走行状況表示ランプなどを装備した「CB400SF-K」がよく使用されます。スポーティーかつ、ワイルドな人気の車種です。このバイクを体験するだけでも、教習所に通う価値があるでしょう。

教習や実技検定

自動車教習所で普通自動二輪を取得するためには、最短で技能19時限、学科26時限の教習を受ける必要があります(普通自動車免許を保有している場合は、学科が短縮され、学科試験も免除されます)。技能教習では、自動二輪車の取扱方法から、乗車や降車、発進と停止などの基本操作をマスターします。さらにS字カーブ、急制動、スラローム、Uターンなどのテクニックを身に付けなければいけません。中には「一本橋」という、平均台のようなコースを通過するという難関もあります。普通自動二輪免許を持っていれば普通自動車免許を取得する際に、学科教習や学科試験が免除され、技能教習と技能試験だけとなる場合があります。

125cc以下なら普通二輪小型限定も

「時速30kmしか出せない原動機付自転車(原付)では物足りない、しかし400ccのバイクまでは必要はない」、という場合には普通自動二輪小型限定免許という選択肢があります。S字カーブ、急制動、一本橋などはクリアしなければいけませんが、普通自動二輪車免許よりは簡単に取得できます。自動車教習所で取得するのが確実ですが、普段原付に乗っているなら、十分に訓練すれば、運転免許試験場で「一発合格」することも可能でしょう。普通自動二輪車や大型自動二輪車同様に、AT限定免許でも取得することができます。もちろん、普通自動二輪小型限定から普通自動二輪にステップアップすることも可能です。