教習所情報

合宿期間内に免許が取得できなかった場合



短気集中で運転免許を取得できる合宿制ですが、合宿中に教習を終えられないという事態が起こる場合があります。学科教習、技能教習ともに、習得スピードには個人差があり、特に、技能教習の項目でクリアに時間がかかってしまう状況は珍しくありません。自動車教習所に通う通学制であれば、自分のペースで何度でも再チャレンジできますが、合宿制では、全体のスケジュールが決まっているので、通学制のようにはいきません。ここでは、合宿期間内に免許が取得できなかった場合について紹介します。

合宿免許の卒業について

合宿免許の卒業について

合宿制の広告に記載される最短卒業日数は、多くの合宿制では、学科と実技の教習をストレートで合格した場合の日数となっています。実際の修了検定の平均合格率は、一般的に約80%、卒業検定は約90%と言われているため、生徒の中には最短日数で卒業できない方もいます。そのため、合宿免許を申込む場合は、少々卒業日が後ろにずれこんでも問題がないように、スケジュールに余裕を持って申込むことが大切です。

合宿免許における保障制度について

合宿期間中に学科や技能のテスト(検定)に合格できない場合、合宿期間を延長する必要があります。そのようなケースを想定して、合宿制にはあらかじめ保障制度が設けられています。主に技能教習と技能検定、宿泊代金についての保障ですが、内容は各教習所によって異なります。日程を超過した場合に、一切追加料金が発生しない保障プランもあれば、あらかじめ決められた日数を超過すると、追加料金が発生するプランもあります。また、超過保障時限数や検定回数があらかじめ定められている場合などもあります。合宿免許を選ぶ場合は、検討中の合宿所の保障内容について事前に確認しておくことが重要になります。

合宿免許の追加料金について

合宿制で当初定められていた設定日数内に卒業できなかった場合に支払う追加料金は、各教習所、及び選択するプランによって異なります。しかし、最近では保障内容が「卒業まで」というプランが多くあります。受講者の多くが自動車運転の初心者であり、当然、卒業日数を予測することも難しいです。合宿制を利用する場合は、「追加料金が一切発生しない」「卒業まで追加料金なし」といったプランに申込んでおけば安心と言えるでしょう。ただ追加料金が一切発生しないと言っても、寝坊やさぼりなど、自己の過失による日程の超過は保証されないので注意が必要です。