教習所情報

合宿免許を選ぶ際に気を付けたいこと



自動車免許を安く確実に取得したい場合は、合宿免許を利用するのが方法のひとつとして挙げられます。通学制で免許を取得する場合は、スケジュール調整に多くの時間がかかり、免許取得まで比較的長い期間がかかってしまうためです。合宿で免許を取得する場合は、短期集中で免許を取得できるメリットもあります。

合宿免許選びをする前に

合宿免許選びをする前に

ただ、一口に合宿免許と言っても合宿免許を行なう教習所は多くあり、価格や教習日数、合宿場所、宿泊施設、その他のサービス内容などに各々の特色が見られます。また、合宿免許を選ぶポイントは、受講する方のライフスタイルや目的によって変わります。免許合宿を選ぶ際にどのような点を明確にすると、自分に合った合宿免許が見付けられるのか、そのポイントを紹介します。

合宿に参加する時期

合宿免許で最も混雑するのは、8月から9月、2月から3月です。この時期は学生が長期休暇の時期になりますので、混雑が予想されます。また、混雑時期とそうでない時期では、合宿費用も大きく変わってきますので注意が必要です。

入学時の年齢

教習所によっては、年齢制限を設けている場合があります。年齢制限の上限以上の方が参加する場合、基本料金以外にも別途料金が発生する場合もあります。

オートマ車、マニュアル車の選択

取得する免許の種類、普通自動車の場合、AT車とMT車では費用も10,000~20,000円程度の差があります。また、取得するための日数も、MT車の方が長くなります。

合宿場所を選ぶ

海に近い地域を選ぶのか、山間の避暑地を選ぶのかも合宿プランを選ぶポイントとなります。ご自身の希望に合った合宿場所を選ぶようにしましょう。

宿泊施設、食事に関して

2週間近くを過ごす宿泊施設や、食事の有無は合宿免許選びの重要なポイントです。

合宿免許の追加料金について

合宿免許の広告では多くの教習所が、価格の安さをアピールしています。しかし、広告の価格だけで判断することはできません。合宿免許の広告で提示されている料金はあくまでも、最短日数で卒業した場合の費用だからです。もちろん、基本費用には教習費用、宿泊費、交通費、食費など合宿に必要な費用は含まれています。ただし、最短日数で卒業できないケースも考えられます。その際に、どのような形で追加料金が発生してくるのかは必ず確認しましょう。重要なポイントとしては、教習日、検定回数、宿泊費、食費などを卒業まで保証してくれ、追加料金の発生しない合宿所がオススメです。