教習所情報

外国人が日本で免許を取る場合



日本で運転免許を取得、更新を行なう場合は、「本籍記載の住民票」を提出することが必要です。「外国人住民」に対しても、住民基本台帳制度が適用されることになったため、在留外国人も、住民票を提示すれば免許を受けることができます。しかし、それ以外の旅行者などの短期滞在の外国人が日本で免許を取得するにはどうすれば良いのでしょうか。

外国で免許を取得していれば、日本で通用する免許を取得可能

外国で免許を取得していれば、日本で通用する免許を取得可能

外国人が免許を取得する方法には、大きく2つの方法があります。外国運転免許証から日本の運転免許証を取得する方法と、外国で国際運転免許証を取得して、日本国内で運転する方法です。

外国運転免許証から日本の運転免許証を取得する方法

外国の運転免許証を持っている人は、その国に通算して3ヵ月以上滞在していたことを証明する必要があります。外国免許証が有効期間内であれば、日本で運転することに支障がないか知識確認及び実技確認に合格するだけで運転免許試験の一部(学科試験と技能試験)が免除されます。また、免許制度が日本と同等の水準にあると認められる国であれば、知識確認及び実技確認が免除されます。長期間日本に滞在して国内で車を運転するのには、一番良い方法です。以下は、免許制度が日本と同等の水準にあると認められる国です。

アイスランド、アイルランド、イギリス、イタリア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、ルクセンブルク

外国で国際運転免許証を取得して、日本国内で運転する方法

「国際運転免許証」は各国で発行されており、国外で運転することができます。しかし、運転できる期間が限定されているデメリットもあります(日本に上陸した日から起算して1年間または当該免許証の有効期間のいずれか短い期間)。また、国際運転免許証には「ジュネーヴ交通条約に基づいて交付される国際運転免許証」と「ウィーン交通条約に基づいて交付される国際運転免許証」の2種類があります。日本はジュネーヴ交通条約のみしか締結していないので、「ウィーン交通条約に基づいて交付される国際運転免許証」は使えません。発行した国と国際運転免許証の種類で、日本で運転できるかどうかが異なります。ただし、2国間の取り決めがある場合は例外で、ドイツはウィーン交通条約だけの締結国ですが、日本国内で運転することができます。

「海外滞在中の日本人」はどうすれば良いのか

海外滞在中の日本人が一時的に日本に帰国する際に、日本で取得した免許が有効期間内であれば、帰国中の一時滞在先を住所地として免許証の更新を行なうことができます。ただし、海外に「移住」してしまって日本の免許が失効してしまった場合は、国際運転免許を取得することが必要になります。