教習所情報

適性試験とは



運転免許試験場で免許を取得する際は、認定自動車教習所を卒業して実技試験を免除されていても、学科試験とともに適性試験を受ける必要があります。運転免許の適性試験とは、主として視力や聴覚などが、運転できる水準かどうかを試験するものです。これは、免許更新時にも行なわれます。いずれの場合も性格検査などが行なわれる場合もありますが、これは自己採点で合否を左右するものではなく、注意を促すためのものです。

適性試験の基本的な内容と合格水準

適性試験の基本的な内容と合格水準

検査の内容や合否の水準は、取得する免許によって若干の違いがあります。

視力について

原付免許、小型特殊免許の場合、両眼の視力が0.5以上必要となります。一眼が見えない方については、見える側の目の視野が左右150度以上あること、視力0.5以上が合格の基準となります。普通自動車免許(8トン限定中型免許含む)、自動二輪免許、大型特殊免許の場合は両眼で0.7以上、それに加え一眼がそれぞれ視力0.3以上必要となります。一眼の視力が0.3に満たない、もしくは一眼が見えない方は、見える側の目の視野が左右150度以上あることと視力0.7以上が合格基準となります。

第一種中型免許と大型免許、けん引免許、第二種免許では、両眼の視力が0.8以上必要になり、一眼の視力がそれぞれ0.5以上必要です。他の免許と違う検査としては「深視力」という項目があります、三桿(サンカン)法の奥行知覚検査器で検査をし、3回検査した平均誤差が2cm以下であることが必要になります。視力は、眼鏡を着用して検査することもできます。この場合、免許証に「眼鏡等」の条件が付きます。

色彩識別能力

赤色、青色、黄色の3色を識別できることが必要となります。

聴力について

自動車の運転には聴力も不可欠です。10mの距離から、両耳で90デシベルの警音器の音が聞こえることが必要です(第一種免許は補聴器を使用することができます)。もし検査の基準に合格しない場合でも、運転する自動車の種類を限定し、後方の状況が確認できるワイドミラーを使用して運転する際問題がないと判断されれば免許の取得が許されています。

運動能力について

安全な運転には運動能力や認知能力も必要となります。ハンドルや各種スイッチを任意に操作できることが求められます。自動二輪車免許の場合には車体の引き起こしや八の字などの引き回しが問題なくできること、センタースタンドがかけられることが求められます。

障がい者が免許を取得する場合

障がい者が運転免許証を取得する場合、教習所に入所する前に事前の相談と検査をしなければなりません。各部道府県の運転免許試験場や免許センターなどにある運転適性検査室(適性相談室窓口)内の身体障がい者に関する審査業務を行なっている係で相談ができます。内容は法で定められた運転の欠格事項に該当するかどうかの適性検査が行なわれます。検査に問題ない場合でも、障がい者が安全に車両の運転を行なえる範囲の免許種別や、補助具を使用することを義務付けるなど、特別な条件があることもあります。