教習所情報

学科試験とは



免許を取得するためには、指定自動車教習所を卒業しても、実技試験が免除されるだけで、自動車運健免許試験場で学科試験に合格しなければいけません。つまり、学科試験は免許取得の最後の難関なのです。

仮免と本免許の2回で学科試験

仮免と本免許の2回で学科試験

普通自動車免許は、仮免許取得時と本免許取得時の2回、学科試験を受けなければなりません。仮免許制度のない車種では、学科試験は本免許の1回のみです。

仮免許学科試験

仮運転免許の学科試験は、指定自動車教習所で、修了検定後に教習所内で行なわれます。仮免学科試験は、二択問題(マルバツ式)50問で試験時間は30分間、45問以上正解(90点位上)で合格です。運転免許試験場で「一発合格」を狙う場合は、運転免許試験場で仮免許の実技試験を受けて、試験場での学科試験(問題数と時間、合格基準は同じ)に合格することが必要です。

本免許学科試験

指定自動車教習所を卒業した場合は、運転免許試験場での実技試験が免除されるため、運転免許試験場に卒業証明書その他必要書類を持参して、運転免許試験場で学科試験を受けることになります。本免許の学科試験は、問題数1問1点の二択問題(マルバツ式)90問、1問2点のイラスト問題5問を含む95問で合計100点満点、試験時間は50分、90点以上で合格となります。

学科試験は難関試験ではない

学科試験の合格基準は90点以上と、他の資格試験に比べても高いので不安に感じる人がいるかもしれませんが、ほとんどの人は1回の試験で合格する試験です。試験問題は都道府県の公安委員会が作成しますが、「交通の教則」にしたがって出題すべきである、と定められているので、自動車教習所の学科教習をきちんと受けて、試験問題を繰り返し解いて慣れれば、決して難関ではありません。ただし、合格点の水準が高いので、たった1問の取りこぼしが命取りになりかねないため、落とし穴となる問題には注意が必要です。試験の予想問題集は数多く出版されており、落とし穴となる問題を解くポイントはインターネット上でも多くの人が公開しています。試験前に、不安な人や学科試験に落ちてしまった人は、そうした情報源を利用するのも良いでしょう。

免許を持っている人も最近の問題を解いてみよう

免許を取得して何回も更新したから大丈夫、という訳では決してありません。道路交通法は頻繁に改正されています。免許更新時には「運転の教則」が配られますので、きちんと目を通しておきましょう。また、インターネット上で公開されているような問題を解いてみると、忘れていることを思い出すきっかけにもなります。くれぐれも、常に交通規則を守りながら安全運転を心掛けましょう。