ご希望の自動車学校情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

自動車学校・運転試験免許場用語集(ら行)

自動車学校・運転試験免許場用語集 自動車学校・運転試験免許場用語集

文字サイズ

自動車学校・運転試験免許場に関する用語(ら行)をまとめてご紹介しています。分かりやすく解説しているので、自動車学校・運転試験免許場に関する難しい言葉の意味を知りたいときはぜひご活用下さい。

自動車学校・運転試験免許場用語集

自動車学校・運転試験免許場用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

ら行

  • 旅客自動車

    旅客自動車(リョカクジドウシャ)

    第二種運転免許で運転できるようになる自動車の種類を指す言葉。バスやタクシーなどが該当する。事業用自動車ナンバープレート(緑地に白文字のナンバープレート、軽自動車の場合は黒地に黄文字)を装着した自動車で、旅客を乗せて営業運転をし、報酬を得る自動車のことを「旅客自動車」と呼び、こうした事業のことを「旅客自動車運送事業」と呼ぶ。用いられる事業の形態によって「一般乗合旅客自動車(路線バスなど)」「一般貸切旅客自動車(旅行会社が集めた旅行者の団体を運送するバスなど)」「一般乗用旅客自動車(タクシーなど)」の分類がある。タクシー会社などに所属せず、個人が事業の許可を受けて行なっている個人タクシーの場合でも、旅客自動車として扱われる。

  • 累積点数

    累積点数(ルイセキテンスウ)

    交通違反などによって免許に加点が行なわれていき、蓄積された点数のことを「累積点数」と呼ぶ。この累積点数が一点の点数に到達した時点で、免許の停止や取り消しなどの行政処分が下される。危険を伴う違反程加点が多く設定されており、悪質な酒気帯び運転であれば一度に25点が累積される。また、違反そのものに基礎点数が設定されている他、事故などを起こした場合には、事故の種類などによって付加点数が加点される。「累積」という言葉を用いているのは、減点方式ではないことを示している。例えば、免許を取得して以降、特に違反が無い場合は15点以上になった時点で免許取り消しの行政処分が下されるが、これは15点から減点される方式ではなく、0点からの累積点数で行政処分の内容が決定されることを表している。すなわち15点に及ばなくても、6〜8点になった時点で30日間の免許停止処分が下される。また、停止処分などの行政処分を受けてれば「前歴」になり、以降の累積点数による処分基準は厳しく改められる。最後の違反から1年間なにも違反がなければ、それまでに加点された累積点数は0点に戻される。また、累積点数は原則として過去3年間の累積で計算される。1年に1回ずつ1点の加点を受けていても、3年後には3年前の1点が消滅するため、累積点数は3点のままということになる。

日本全国の学校・塾や幼稚園を検索できます。お探しのカテゴリを選択して下さい。

すべてを見る

ページ
トップへ
TOP